リハビリテーション | 沼隈病院

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画

リハビリテーションのご案内

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、人間らしく生きる権利の回復です。

私たちは、患者や利用者の皆様が”貴方らしく生きる” ための応援をしています。

 

早期からのリハビリアプローチ

早期からのリハビリアプローチ 沼南会では、急性期リハを対象とする沼隈病院3階リハビリ室、維持期・慢性期の更なる充実を計るための老健ぬまくまでのリハビリ、退院・退所後の生活場面の中でのリハビリサービスを提供する為の訪問リハビリがあります。

 

 これらの部門が、各部署の専門性を発揮し個人に対してのトータル的なリハビリ実施をしています。

 

リハビリの種類

理学療法(PT)とは? ― Physical Therapy ―

 自立した日常生活動作(ADL-IADL)を回復するために必要な身体能力の改善をサポートしていきます。
その手段として、運動療法、物理療法(電気・温熱・牽引)が用いられます。

 

作業療法(OT)とは? ― Occupational Therapy ―

 身体・精神に障害のある方に対し、主体的な生活の獲得を図るため諸機能の回復・維持、及び開発を促す作業活動(ACT)のため治療・指導、及び援助を行います。

 

言語聴覚療法(ST)とは? ― Speech Therapy ―

 音声・言語・高次脳機能または聴覚機能などのコミュニケーション機能に障害のある方に対して、音声・言語・構音・嚥下、及び聴覚訓練を行います。
 また、周囲の人々やスタッフに対しての指導・助言を行います。

歯科衛生士(DH)とは? ― Dental Hygienist ―

 虫歯の予防および口腔衛生指導を歯科医師指導のもとに行う専門士です。

 

病院リハビリテーション

 病院リハビリテーションとは

rihastaf

 病院リハでは、脳血管疾患や肺炎、大腿骨骨折などにより身体機能の低下を来した患者さんに対して、寝たきりを防止し、生活の自立にむけた訓練を実施しています。他職種と合同でのカンファレンスを行い、患者様が自宅に帰っても安心した生活が再度送れるように退院前訪問を行うなど、退院後の支援にも積極的に取り組んでいます。

 

【主な疾患】
 脳血管Ⅰ: 脳梗塞、脳出血、硬膜下出血、くも膜下出血、パーキンソン病など
 運動器Ⅰ: 大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折、圧迫骨折、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症など
 呼吸器 : 肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など

 

理学療法 (PT 8名)理学療法士

 在宅生活を快適に過ごせるよう起居動作である寝返り、起き上がり、座位等の【基本動作】、 歩く、
階段等の【移動動作】の訓練を行います。ご家族の方に介護・介助方法の指導も行っています。

 

 作業療法士  (OT 5名)

 患者様が自宅に帰っても快適で安心した生活が送れるよう、食事、排泄、入浴などの
日常生活動作訓練や、上肢機能訓練、環境設備に関するアドバイス等を行っています。
作業療法1 作業療法2

 

言語療法では  (ST 3名)言語療法

 失語症や構音障害がある方の訓練を行うほか、患者さまのご家族に対して管理栄養士や看護師の協力体制のもと、嚥下指導も行っています。

診療時間 9:00~17:30 (休診 : 日・祝日)

 

≫病院リハビリテーションの使用器具と対象疾患について

 

 

歯科衛生士 (1名)歯科衛生士

 ブラッシング、清拭、義歯の手入れや口腔乾燥の対応をする口腔ケアを行い、病状改善に貢献しています。

介護老人保健施設 通所リハビリテーション

 在宅生活に向けて、日常生活動作(ADL)などの練習や介護者への指導等を行っています。
また必要に応じて、退所前に自宅の生活環境の評価を行い、歩行器やベッドといった福祉用具
や住宅改修に対するアドバイスも実施しています。

デイケア1 デイケア2

 理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がそれぞれの専門性を活かして、個別リハビリを行っています。
理学療法ではご利用者様にあった車椅子や歩行器の選定、歩行や立ち上がりなど動きやすいからだ作りを援助しています。
作業療法では認知症の予防、食事・排泄・入浴などの生活動作が快適に行えるように援助しています。

 言語療法では呂律が回らない、言葉がなかなか出てこないという方に対し、楽しく話をしながら言語訓練を行います。
また飲み込みが難しい方が安全に食べられる方法を探し、口から食べ続けるお手伝いをします。

 集団リハビリはセラバンド体操や棒体操を行っており、片手でもできる工夫をしています。また自宅訪問では介護指導や福祉用具のアドバイスも行っています。在宅生活を継続できるようにスタッフ全員で援助しています。

 ≫パワーリハビリも行っています。詳細はこちら

 

介護老人保健施設 入所リハビリテーション

スタッフの人数 (PT2名 OT2名 ST1名(デイケアと兼務)マッサージ師2名)
入所リハ1 入所リハ2

 入所リハビリでは在宅生活に向けて、日動生活動作(ADL・IADL)などの練習や、介護者への指導等を行っています。また必要に応じて、退所前訪問を行っており、退所前に自宅の生活環境の評価を行い、歩行器やベッドといった福祉用具や住宅改修に対するアドバイスも実施しています。

 

訪問リハビリテーション (老人保健施設ぬまくま まり訪問看護ステーション)

訪問リハビリ

 

 私たちに任せてください!

  頼もしいスタッフ達がそろっています。
  理学療法士 (PT):7名
  作業療法士 (OT):1名
  言語聴覚士 (ST):1名

 

 

 

 

 訪問リハビリって、何をするの?訪問リハビリ

 ・訪問リハビリは、ベッドからの離床を出発点と
 してトイレや浴室の使用、更に家の外へと生活
 範囲を広げ日常生活を活性化することを目的と
 しています。

・リハビリを必要としている方の自宅に訪問して、
 心身機能の維持・回復を図ります。
 有する能力に応じた日常生活動作(ADL)の
 自立、介護の重度化予防や介護者への助言を目標としています。

・障害の程度に合わせてトイレや浴室の手すりの設置をしたり段差を無くす等の
 住宅改修のアドバイスや介護用品・自助具(使いやすい食器など)の紹介をしています。

 

≫訪問リハビリテーションに関する詳細はこちら