診療科一覧 | 沼隈病院

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画

診療・入院のご案内

診療科一覧

 沼隈病院の診療科をご紹介します。患者さまの病気や怪我に対して適切で有効な治療を行ない、一日でも早く回復していただけるよう各分野のエキスパートである医師達が全力でサポートします。

内科・小児科

内科・小児科 内科一般、主に生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、消化器疾患)の治療に力を入れています。小児科の医療についても、長年の地域医療の経験を生かしながらきめ細やかな診療を心がけています。

 

 重症例や疑問の症例については、近隣の公的病院と連携しながら治療いたします。また、明石先生とともに訪問治療にも力を入れています。 ≫訪問診療について

 

主な担当医:まりこDr、三上Dr、申Dr、
      武田Dr(小児科専門医)

 

呼吸・循環器内科

呼吸・循環器内科呼吸器の病気
 風邪肺炎などの急性の病気、肺癌などの腫瘍や、閉塞性肺疾患、
 気管支喘息などの慢性の病気があります。

 

循環器の病気
 高血圧、虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)、不整脈、心不全、
 大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などがあります。

 

その他、循環器疾患の原因となる病気
 糖尿病、高脂血症、高尿酸血症(痛風)などがあります。

 

これらの病気について、福山市や尾道市の専門病院との連携を密にして診療を行っております。

 

主な担当医:富田Dr. 檜谷興Dr

外科

外科 一般的な外傷(ケガ)や肩・腰・膝の痛みなどの治療も行いますが、主に消化器(胃腸科)の手術が中心になります。内視鏡や腹部エコー、CTなどを用いた診断から、その結果に基づいて必要な手術を行っています。

 

 ありふれた病気としては、胃十二指腸潰瘍・虫垂炎・鼡径ヘルニア(脱腸)・痔などがありますが、もちろん胃がんや大腸がんの早期発見、早期治療にも力を入れています。得意分野は胆石や胆管結石の内視鏡手術です。お腹が痛いときは、まずご相談下さい。

 

主な担当医:太田院長、小畠Dr、石倉Dr

 

整形外科

整形外科 当院での特色は地域性もあり、高齢者の骨折や膝・肩関節鏡・人工関節手術が主ですが、近隣に青少年研修施設もあり、スポーツ外傷も多く来院されます。CTやMRI等の検査機器も充実しており、熟練した専門医が適切な診断と治療を行っております。

 

当院のみで対応困難な症例については近隣の公的病院や岡山大学病院とも連携をとりながら最適な治療を提供いたします。

下記の症状でお困りの患者様はお気軽にご相談ください。詳細はクリックをして下さい。

スポーツや交通事故による外傷腰や関節の慢性的な痛み手足のしびれや力が入りにくい手のこわばり リウマチの疑い

 

人工関節

 

肩関節

 

骨粗しょう症

 

関節が痛い.com「関節が痛い.com」の運営会社である
京セラメディカルより取材を受けました。
詳細は、左のバナーよりご確認をお願いします。

 

常勤医師   :檜谷義美Dr. 檜谷興Dr.
外来支援医師 :檀浦生日Dr. 廣岡克彦Dr. 辻秀憲Dr.
手術支援医師 :廣岡邦彦Dr. 青木大輔Dr(脊椎外科)
        金川文俊Dr(麻酔科) 小橋真司Dr(麻酔科)

実績

2015年 手術件数(術式別件数)

2016年 手術件数(術式別件数)

消化器外科

消化器外科 当院の消化器外科では、胃腸、肝・胆・膵、直腸肛門の治療を行っています。近年の外科治療は大きく変革し、腹部に大きなメスの切開をなるたけ加えずに治療する傾向にあります。

 

 当院では以前、肝腫瘍に対し大切開による肝切除術を行っていたこともありますが、腹部ヘリカルCT、腹部MRI等の画像診断のもとに、血管カテーテルによる肝腫瘍の治療が主流となってきています。胃や大腸の腫瘍も早期のものであれば、内視鏡による切除根治術が行われています。

 

 胆石胆嚢炎では、腹部に小切開を加え、腹腔鏡による治療を当院でも早くから取り入れており、最近では腹腔鏡手術の先駆者である内視鏡の小畠先生により、高度の技術手技により安全で確実で低侵襲な手術が多症例行われています。総胆管結石に対しても、十二指腸ファイバーによる治療を行っております。やむをえず腹部大切開を要する手術の場合は、阪大や岡山大のベテランの先生と共にその病気に最新最良の手術を行うように努力しています。

 

 しかし、痔ロウや肛門直腸脱の手術は、一般の外科医にはあまり知られていない古くからある術式のセトン法やガント三輪法を行って良好な治療成果をあげております。

 

主な担当医:小畠Dr、石倉Dr

肛門科

肛門科 日本人は特に痔(痔核・痔瘻)で悩む人は多いといわれますが、年を重ねるに従って脱肛や直腸脱が問題になります。お薬や食事療法で済むことが多いのですが、切らなければ治らない場合もあります。

 

 症状は肛門の痛み・出血・腫れが主ですが、必ず大腸がんもチェックしておかなければなりません。おしりの痛みや違和感など、気になることがある場合はお早めにご相談ください。

 

主な担当医:小畠Dr.

 

形成外科

形成外科 形成外科は「体表の先天性または後天性の変形や欠損、醜形または機能を正常に近づけることを目的とする医学」と定義されており、おもに体表面の機能的・整容的障害(先天性疾患や外傷・腫瘍摘出術後の後天性障害など)を、外科的手技をもって治療する外科の一分野です。

 

 一言で言うと、「体の表面の外科」とお話したほうが分かりやすいのではと思います。全身の体の表面が治療の対象となるため対象範囲は非常に広くなりますが、主に次のような疾患をあつかっています。

熱傷(やけど)、顔面のけが、先天的な形態異常(口唇裂、多指症、合指症、耳の先天異常、眼瞼下垂など)、手足のけが、あざ、いぼ、ほくろや粉瘤などの皮膚・皮下の良性腫瘍および悪性腫瘍、けがや手術の傷あと、やけどの傷あとやケロイド、床ずれや外傷後の皮膚潰瘍、そのほか、巻き爪や陥入爪などが対象疾患です。

 

 これらの疾患に対しては、当院での対応が困難な症例もありますので、ご希望に応じて適切な医療機関や施設に紹介させていただき、患者様にとって理想の治療が行えるようサポートさせていただきます。

 

主な担当医:江藤Dr.

 

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科1.「ひと」の大切な「はたらき」を担う耳、鼻、口、咽、喉。

 耳鼻咽喉の「はたらき」を考えてください。音を聞く、平衡を保つ、匂いを嗅ぐ、呼吸する、味わう、嚥下するなど、人が生きて行く上で大切な「はたらき」を しています。目と耳とはどちらが大切と思いますか?もし生まれた子供の耳が聞こえなかったら、母のあやす声が分からず、言葉のないと頭で物を考えることもできません。人としての常識と感情を育てることができないのです。

 年をとり難聴になると、家族からは疎遠にされ、近所の集会にも出て行かず、その結果呆けが進みます。少し難聴を感じれば積極的に補聴器を利用しましょう。 食事をすることは「ひと」が生きて行くために基本になるだけでなく、生活の楽しみの中でも大きな役割を占めます。いろいろな原因のため食物を嚥下できなくなると、鼻から管を入れたり、胃に孔を開けて流動食を入れてやることできますが、それでは生きる楽しみがありません。私たち耳鼻咽喉科は、これらの障害を取り扱っている科なのです。

 

2.沼隈病院の耳鼻咽喉科外来は月、水、金に開けています。

 月曜日と金曜日は香川大学病院耳鼻科の先生が来てくださっています。水曜日は老人保健施設ぬまくまの酒井施設長(香川医科大学名誉教授)が診ています。いずれも自宅が病院の近くではありませんので、術後出血の危険を考えて、大きな手術はしておりません。手術が必要な場合は福山市民病院の耳鼻咽喉科に紹介しています。

 

3.耳が遠くなった方は補聴器相談を受けてください。
 毎週月曜日の午後は福山市内の補聴器専門店から技師が出張して「補聴器相談」を行っています。御希望の方は予め沼隈病院外来まで電話で御連絡ください。補聴器は値段や格好で決めると、失敗することが多く、必ず試験的に装用し、何度も調整を繰り返してから購入してください。

 調整が難しいので、メガネ屋さんで 補聴器を買うことはお勧めできません。その前に耳鼻咽喉科の診察を受け、精密聴力検査をしておくことは申すまでもありません。高度難聴の場合は身体障害者手帳の交付を申請しますが、その意見書を書く資格は酒井医師が持っています。

 

花粉症4.花粉症で悩む患者さんが増えています。
 毎年2月3月になりスギの花粉が飛び出すと多くの方々が(日本人の約20%)、花粉症で困っておられます。症状が鼻に来れば鼻アレルギー、目に来ればアレルギー性結膜炎、気管支に来ると気管支喘息となります。スギ花粉症の方は毎年2月になれば、耳鼻咽喉科を受診し、必要な抗アレルギー剤の内服を始めてください。

 春から夏にかけてはハルガヤ、カモガヤ、イネ科植物の花粉が、秋にはブタクサ、ヨモギ、アキノキリンソウの花粉が原因にな方もあります。季節に関係なく年中、鼻アレルギーを起こしている方は、ハウスダスト、コナダニ、カビの類が原因です。現在のところ根本的に治す方法はありませんが、マスクを掛け、必要最低限の薬を内服し、点鼻薬を常備されると良いでしょう。

 

5.嚥下訓練によって軽快する場合が多い。
 脳梗塞や脳出血の後遺症のため、嚥下運動がスムーズにできず、食物や唾液が気管に入り、誤嚥性肺炎を起こす場合があります。通常、鼻腔から胃まで細い管を入れて流動食を送りますが、長引く場合は胃瘻造設をお勧めします。嚥下機能評価により、嚥下訓練で回復の見込みがあるとか、気管食道分離術が必要だとか判断いたします。

 現在、沼隈病院には2名の聴覚言語療法士が勤務し、言語訓練や嚥下訓練をしてくださっており、そのお陰で口から物が食べられるようになった患者さんも沢山おられます。

 

主な担当医:酒井Dr.

 

眼科

眼科 目は「見る」という重要な役割を持った器官です。日常生活において、視覚によってもたらされる情報は他の器官に比べて膨大な量があり、生活の質に大きな影響を与えます。

 下記に挙げた一般的な眼疾患については、最新の検査・治療機器を用いて診断・治療を行っています。最近では、ドライアイにお困りの方も増えています。

 

■白内障 ■緑内障 ■糖尿病網膜症 ■網膜剥離 ■ぶどう膜炎

■加齢黄斑変性 ■眼瞼疾患 ■斜視 ■外傷など、眼科全般

 

 目のかすみや見える範囲が狭くなる「視野狭窄」などの症状は、目の病気だけでなく全身の病気や脳・神経系の病気が原因となることもあります。その場合、院内の診療科(内科・外科・耳鼻科等)で迅速に対応することができるほか、関連する専門の医療機関をご紹介することも可能です。

 

 強い痛みを感じたり、視力が急に低下したりといった重篤な症状が現れている場合は、すぐに眼科を受診されると思います。しかし、失明に至るような疾患の中には症状がほとんどまま進行しているものが少なくありません。少しでも「目の調子が良くないな」「見え方に違和感があるな」と感じられたら、早めに受診されることをおすすめします。早期発見・早期治療が、失明を防ぐための重要な要素です。

毎週木曜日: 専門医による診察(予約制)

婦人科

婦人科 ここに受診された方の約半分はがん検診、及び婦人科がんや腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症など)の治療についての相談です。「他の病院でこう言われたけれど、どうしたらよいでしょうか?」とご相談を受けることもあります。長年婦人科の医療に携わってきた医師による豊富な知識と経験から、その方にとって最も良いと考えられる治療方法をお勧めしています。

 

 残りの半分は、更年期障害、卵巣機能不全、子宮脱や尿失禁、それに若い方に多い性器感染症です。大学―国立病院時代と違った領域で取り組んでいるのは、乳がん検診と禁煙外来です。平成24年に入ってから5月までにもう4例の乳がん、4例の婦人科がんを発見し、医療センターに治療をお願いしております。お仕事で週日しか受診できない方の為に、1月、4月、7月、10月の第三日曜日に、乳がん、子宮がん検診を行っていますのでご利用ください。40年にわたってヘビースモーカーであった医師自身が、禁煙して本当によかったと実感しており、禁煙がいかに難しいかもよく判っております。どうか一日でも早く禁煙して、その歓びを味わってください。

 

主な担当医:平林名誉院長

 

リハビリテーション科

リハビリテーション科 リハビリテーション室では、早期リハビリテーションから訪問リハビリテーションまで、各部門と密に連携を取りながら、総合的な支援をしています。

■リハビリテーション室は、明るく、患者様が開放的、積極的に訓練に励まれるよう環境を整えています。
■訪問リハビリテーションを積極的に行い、住宅改修相談、介護相談を含め、在宅療養の援助を行っています。
■各部門と協力し、「障害と共に生きていく」援助を行っています。

 

 ≫リハビリテーションについて

 

認知症外来

認知症外来微妙な脳障害:認知症

 おじいちゃんおばあちゃん、あなたのまわりの家族で、あれ?最近物忘れが多い・・認知症じゃないかな・・?って不安になることありますか?身近な家族だからこそ早く気付いてあげたいですよね。

 

 今年度の健康まつりでは、脳外科専門医の申正樹先生により「微妙な脳障害:認知症」と題して講演をしていただきました。大変わかりやすい内容で好評をいただきました。そこで、今回は、その講演をもとに申先生に認知症って何だろうから予防・治療法までお話をしてもらいました。

 

「認知症」って、分かっているようでよく分からないのですが・・・

 「認知症」は2004年、厚生労働省の用語検討会によって「痴呆症」から言い換えられた、日本語として無理があることばです。よく分からなくてかまいません。物忘れがひどくなったり、性格が変わって人の言う事をきかなくなったりして生活上困った状態になったことを「認知症」というのだと考えてください。

 

物忘れは私もします。認知症ですか?

そうかも知れませんね(笑)。自分が認知症かも、と心配なら「今日は西暦何年の何月何日何曜日」をそらんじてみてください。

 

そんなことが分からなくなるなんて・・・

 実際、答えられなくてごまかす患者さんは多くいます。記憶力が低下しても取り繕うのが上手な場合「今日は何月何日?」と聞くと「どうしてそんなことを聞くのですか?私をバカにしているのですか」と切り返したりします。気付かれないうちに日付が分からない状態まで進行していることは珍しくありません。

 

認知症かどうか、あやしい時は?

 最初にあやしいと感じるのは最も身近にいる人です。長男夫婦の家に姑が同居、といったケースではお嫁さんのことが多いです。かなり進行しても、例えばお正月に里帰りした娘さんが母親の認知症に気付かず、お嫁さんの「お義母さん、認知症かも」という発言によって人間関係にトラブルが起こるという例も多くあります。あやしいと思ったら、まずは一番味方になってくれる身内、それから認知症のことをよく理解している医師に相談しましょう。

 

予防方法はありますか?

 「今日が何月何日」が分からなくなるのは日付を意識しないからです。何もしないで日々を過ごすことが幸せかどうかは人それぞれの価値観ですが、少なくとも認知症予防のためには「新聞に目を通す」、「楽しみなテレビ番組をチェックする」、などの習慣はあったほうが良いでしょう。

 

治療方法はありますか?

 認知症は人間尊厳に関わる問題なので、そういう配慮ができる医師に受診してください。そのうえで認知症と考えられれば程度と内容の評価、原因検索と進んでいきます。アルツハイマー型の場合、進行を食い止める薬があります。脳梗塞などで脳機能がまだらに障害されている場合はリハビリテーションも有効ですし、高血圧などの治療も大事です。慢性硬膜下血腫や血糖異常など原因治療で治ってしまう認知症もあります。その方に合った治療が必要なので、まずはお気軽にご相談ください。

 

主な担当医:申Dr.