簡易検査方法・検査後の治療について | 沼隈病院

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画
お知らせ
簡易検査方法・検査後の治療について

2013年01月17日

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査 #2

簡易検査方法について自宅での簡易検査

睡眠時の呼吸状態を記録して解析します。
・センサーの装着や機械の操作法について説明します。
 説明書とともに機械をお持ち帰りください。

・ご自宅でお休みになる前に鼻の下に呼吸センサーを、
 指に酸素センサーをつけていただき睡眠します。

・翌日当院へ機械を返却していただき解析をします。

 

【 検査後の治療について 】
生活習慣の見直し 減量や飲酒の制限、禁煙などの生活習慣を改善するだけで、無呼吸が減少したり無くなる方もいます。 その他、仰向けに寝ることは、舌根沈下を招くために無呼吸を悪化させます。 なるべく横向きに寝るなど、睡眠中の体位の工夫によって無呼吸が改善する場合もあります。

無呼吸の程度により治療は大きく3つに分けられます。
内科的治療(CPAP療法)
鼻マスクを装着して呼吸の停止時に空気を送り込み無呼吸を減少させる装置を用います。 この装置を用いることによって、イビキと無呼吸をほとんどなくし睡眠の質改善をすることができます。

歯科的治療
軽度の無呼吸の場合、歯科でマウスピースを制作してもらい無呼吸が改善する場合があります。

耳鼻科的手術療法
鼻詰まりが強い場合には、鼻閉を改善させる手術を、扁桃腺の大きい方やのどちんこが大きく垂れ下がって いる方には咽頭口蓋形成術をお勧めします。

睡眠時無呼吸症候群…