沼南会からのお知らせ | 沼隈病院 - Part 4

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画
お知らせ

2016年01月23日

HMネットとは、広島県と広島県医師会が構築し運営する、ひろしま医療情報ネットワーク(Hiroshima Medical Network)の愛称です。
HMネットに参加した病医院や薬局では、患者さまの診療情報を共有することで肉体的、経済的、精神的な負担を軽減し、安心、安全な医療を提供します。

■HMカード(地域共通IDカード)
HMカード
HMカードは、複数医療機関の患者さまの診療情報を結びつけるための地域共通ID番号を格納したカードです。情報開示施設で発行を受け、行く先々の病医院や薬局で名寄せ(カードへのカルテ番号の追加登録)を申請することで、あなたの診療情報の連結が進み、あなたの診療情報を他の病医院の医師に診てもらいたい場合に情報開示病院で発行を受けるカードです。カードを連携医療機関に提示することで、あなたの診療情報が他病医院の医師に開示されます。

■メリット

1.検査や投薬の重複を防ぐことができるため、肉体的、経済的な負担が軽減します。
2.薬剤禁忌やアレルギー情報などが共有されるため、医療の安全性が向上します。
3.災害時や救急時に迅速な対応を受けられます。

■カードの発行と利用
HMネットに参加している情報開示施設で、情報開示カードの発行を依頼してください。
同意書と引き替えにHMカードが発行(無料)されます。
病院間の連携が完了することで、あなたの診療情報を診てもらいたい医療機関でカードを提示してください。

2016年01月22日

先輩からのメッセージをいただきました。

臨床心理士 私は沼隈病院で心理士として勤務しながら、この度、臨床心理士の資格を取得することができました。

 当院は総合病院ではありますが、精神科や緩和ケア科はない中で、心理士が配置されているという珍しいケースだと思います。通常病院は、医師や看護師はもちろんのこと、栄養士、薬剤師やリハビリなど、多くの専門職が配置されている職場であり、それぞれの特色を活かしてチームとして患者さんに関わっています。

 私もその一員として臨床心理士の資格を取得するに至りましたので、感謝し、チームの一員としてがんばっていきたいと思います。
                           臨床心理士

 


 

詳細は以下のリンクから参照をお願いします
http://shounankai.or.jp/recruit/division/nurse/

2016年01月21日

FMC News2016.01福山医療センター便り(FMC News)に、
理事長 檜谷まりこの記事が「特別寄稿」
として掲載されました。

※ 左の写真をクリックすることで、
  ご覧頂けます。

  ご覧いただくには、以下のプラグインが必要です。
  Adobe Acrobat Reader ™

2015年12月30日

先輩看護師からのメッセージをいただきました。

 看護師になって9年目になります。有床診療所から昨年沼隈病院へ転職し、一年が経ちました。転職してからのこの一年間は、私にとってとても濃く、そして充実した日でした。以前の職場では経験したことのない様々な診療補助や日常生活の援助など、中途採用である私にもマンツーマンで丁寧に指導していただきました。

 また、色々な研修会への参加や、私自身が主体となり進めた勉強会などの経験を通し、看護師として大きくなれたような気がします。そして、それ以上に私が魅力だと感じているのは、スタッフのチーム力です。一人で患者様を見るのではなく、チームとして、仕事に臨んでいる点です。職場では患者様の情報を常に共有しているので迅速に対応することができます。職場の中の信頼関係があるからこそ、私も笑顔で楽しみながら仕事をすることができるのだと思います。

 私のモットーは「患者様に笑顔を送り続けることができる看護師でいる」是非、沼隈病院の素晴らしさを皆様に実感してもらいたいと思います。

療養病棟 看護師


 

詳細は以下のリンクから参照をお願いします
http://shounankai.or.jp/recruit/division/nurse/

2015年11月13日

日時: 10/21(土) 14:00~15:00
場所: 沼隈病院 4階ハートフルホール
演奏: アランブラギタークラブ

アランブラクギタークラブ

ギターコンサート
★プログラム
 ギター合奏 ソラメンテウナベス
       いいひ旅立ち
       セレナーデ(ハイドン)

 合唱    瀬戸の花嫁

 三重奏   川の流れのように

 ギターソロ おもいで酒

 ギター合奏 碧空
       愛の賛歌

 合唱    故郷
       赤とんぼ

2015年10月31日


当院整形外科 檜谷 興医師が2015.10.9仙台で行われた日本肩関節学会におきまして、英語口演・質疑応答された「The Investigation of Risk Factors for Onset and Severity of CRPS Type 1 after Arthoscopic Rotator Cuff Repair」が学会賞である臨床部門の高岸直人賞にノミネートされた(全国で10演題のみ)と同時に、その抄録が臨床部門のBest Abstract賞の8演題のうちの1つに選ばれ国際雑誌JSES(Journal of Shoulder and Elbow Surgery)に掲載されることになりました。

当院と致しましても、このような栄誉ある賞を当院の医師が受賞することとなり大変うれしく思うとともに、本論文が今後の医療の展望となれば幸いに思います。これもひとえに日ごろの皆様のご支援とご厚情によるものと深く感謝申し上げます。
今回の受賞を励みに当院スタッフ共々、より一層精進していきたいと思います。

2015年09月26日

開催日 10/25(日) 10:00~14:00

テ ー マ 「いきいき長寿を目指して」
     ~元気に歳をとろう~

記念講演 「認知症は怖い? 怖くない?」
  講師  田北メモリーメンタルクリニック院長 田北昌史 先生

田北昌史【講師紹介】
略歴
医学博士、
精神保健指定医、老年精神医学専門医、日本精神神経学会専門医

S58年九州大学医学部卒業
国立福岡中央病院、九州大学医学部附属病院、鮫島病院精神科を経て、S63年~H3年まで今津赤十字病院精神科勤務、認知症診療に従事

H3年~H7年まで九州大学医学部神経精神医学教室にて文部教官助手として勤務、外来医長などを務める

H7.4月より今津赤十字病院に勤務、精神科副部長、同部長、副院長を経て
H20.5月 田北メモリーメンタルクリニックを開設

著書
痴呆老人の上手な介護(共著) 西日本新聞社(H4)
痴呆性疾患診断ガイドブック(共著) 日本医師会雑誌付録(H10)
痴呆と間違えられやすい状態 (毎日ライフ 2000年1月号)毎日新聞社 より
よい介護のための89のヒント(共著) メディカルレビュー社(H14)
軽度認知障害(MCI) 認知症に先手を打つ(共著) 中外医学社(H19)
救急外来における精神科的対応マニュアル(共著) 文光堂(H20)など

20151025健康まつり


その他、アニマルセラピー、似顔絵。園児によるオベレッタ、
健康相談、バザー、屋台等を予定。

※詳細については、後日お知らせします。
 屋台イラスト

 

2015年07月29日

当院は3月12~13日に日本医療機能評価機構の訪問審査を受けて合格し、このたび認定証が交付されました。
2005年の初回認定から2010年、2015年と2回目の更新となります。
今回は、主たる機能として「一般病院1」(主として、日常生活圏域等の比較的狭い地域において地域医療を支える中小規模病院)を受審しました。ともに日常的な医療活動の取り組みが評価されました。

日本医療機能評価機構のホームページでは病院機能評価の意義を以下のように述べています。
病院機能評価の審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」です。すなわち認定病院は、地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、常日頃努力している病院であると言えます。すでに全国の病院の約3割が認定されています。

病院機能評価は、病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動 (機能) が、適切に実施されているかどうかを評価する仕組みです。評価調査者 (サーベイヤー) が中立・公平な立場にたって、所定の評価項目に沿って病院の活動状況を評価します。評価の結果明らかになった課題に対し、病院が改善に取り組むことで、医療の質向上が図られます。

引き続き病院全体・職員一同、患者さまの立場に立ち、医療の質の向上に努めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

日本病院機能評価認定証

 

日本医療評価機構ホームページ日本医療評価機構ホームページ

2015年07月26日

2015年07月21日

沼隈病院 休診日のお知らせ

暑い日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
脱水症や熱中症にならないよう体調管理には十分にお気をつけてください。

 8月12日(水)・・・通常通り
 8月13日(木)・・・休  診
 8月14日(金)・・・休  診
 8月15日(土)・・・休  診
 8月16日(日)・・・当 番 医
 8月17日(月)・・・通常通り

 

8月13,14,15日の通常診療は行っておりませんので、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。
(なお、急患の場合は、従来通り随時受け付けております。)

8月17日(月)からは通常通り診察致します。

 2015年お盆休み