沼南会からのお知らせ | 沼隈病院 - Part 4

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画
お知らせ

2016年05月02日

20160508news
整形外科スペシャリスト2016の特別企画に、檜谷興先生の「人工関節置換術」
の記事が掲載されました

詳細は、左の広報誌から「メディア掲載情報」をご確認ください

2016年04月30日

  4月29日(金) 休診
  4月30日(土) 通常通り
  5月  1日(日) 通常通り
  5月  2日(月) 通常通り
  5月  3日(火) 休診
  5月  4日(水) 休診
  5月  5日(木) 休診
  5月  6日(金) 通常通り

  5月  7日(土) 通常通り

 

ただし、急患の方は診察をいたしますので、お電話ください。
沼隈病院 084-988-1888
2016GW休診日のお知らせ

2016年04月15日

2015年度の整形外科の診療実績

詳細は以下のリンクをご参照ください
診療実績

2016年04月06日

201604English

福利厚生の一環として、沼南会・まり福祉会職員のお子様(小学生)を対象として、
ネイティブスピーカーを講師に招き、毎週土曜日の午後から1時間程度クラス別に
英会話教室を実施しています。アットホームな雰囲気で英会話を楽しんでいます。

2016年04月01日

看護師として復職を考えているあなたへ

開催日時 平成28年6月23日(木)10:00~15:00 (制服・昼食あり)

内  容
     見     学:病棟見学、託児所見学(希望者)
     講義・演習:医療機器について、経管栄養・PEG(実習を含む)、BLS(一次救命処理)、
           AED、採血、点滴静脈内注射
     意見交換会等

※受講料は無料です。(当日は託児所の利用ができます) 締切は、6月22日(火) 17時まで

復職支援セミナー

2016年03月28日

「関節が痛い.com」の運営会社である京セラメディカルより取材を受けました。
詳細は、下記のリンクよりご確認をお願いします。
http://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc144.php

関節が痛い.com

2016年02月26日

 3月20日(日) 休日 乳がん検診/子宮がん検診を実施します

当院では、「平日は仕事でなかなか検診に行けないけど、日曜日なら行けるのに」という、
働いている女性のご要望に応じて、3ヶ月毎に日曜日に検診を行っております。

検診は、女性技師が撮影しています。検診を受けて、安心を勝ち取ってください。
なお、禁煙外来も行っていますので、タバコが止められない方は、
まずは受診をしてみてください。
必ず予約をお願いいたします。

 

乳がん子宮がん検診


2016年01月23日

HMネットとは、広島県と広島県医師会が構築し運営する、ひろしま医療情報ネットワーク(Hiroshima Medical Network)の愛称です。
HMネットに参加した病医院や薬局では、患者さまの診療情報を共有することで肉体的、経済的、精神的な負担を軽減し、安心、安全な医療を提供します。

■HMカード(地域共通IDカード)
HMカード
HMカードは、複数医療機関の患者さまの診療情報を結びつけるための地域共通ID番号を格納したカードです。情報開示施設で発行を受け、行く先々の病医院や薬局で名寄せ(カードへのカルテ番号の追加登録)を申請することで、あなたの診療情報の連結が進み、あなたの診療情報を他の病医院の医師に診てもらいたい場合に情報開示病院で発行を受けるカードです。カードを連携医療機関に提示することで、あなたの診療情報が他病医院の医師に開示されます。

■メリット

1.検査や投薬の重複を防ぐことができるため、肉体的、経済的な負担が軽減します。
2.薬剤禁忌やアレルギー情報などが共有されるため、医療の安全性が向上します。
3.災害時や救急時に迅速な対応を受けられます。

■カードの発行と利用
HMネットに参加している情報開示施設で、情報開示カードの発行を依頼してください。
同意書と引き替えにHMカードが発行(無料)されます。
病院間の連携が完了することで、あなたの診療情報を診てもらいたい医療機関でカードを提示してください。

2016年01月22日

先輩からのメッセージをいただきました。

臨床心理士 私は沼隈病院で心理士として勤務しながら、この度、臨床心理士の資格を取得することができました。

 当院は総合病院ではありますが、精神科や緩和ケア科はない中で、心理士が配置されているという珍しいケースだと思います。通常病院は、医師や看護師はもちろんのこと、栄養士、薬剤師やリハビリなど、多くの専門職が配置されている職場であり、それぞれの特色を活かしてチームとして患者さんに関わっています。

 私もその一員として臨床心理士の資格を取得するに至りましたので、感謝し、チームの一員としてがんばっていきたいと思います。
                           臨床心理士

 


 

詳細は以下のリンクから参照をお願いします
http://shounankai.or.jp/recruit/division/nurse/

2016年01月21日

FMC News2016.01福山医療センター便り(FMC News)に、
理事長 檜谷まりこの記事が「特別寄稿」
として掲載されました。

※ 左の写真をクリックすることで、
  ご覧頂けます。

  ご覧いただくには、以下のプラグインが必要です。
  Adobe Acrobat Reader ™