整形外科の概要 | 沼隈病院

診療・入院のご案内

医療関係者の皆様へ

沼南会について

関連施設のご案内

社会医療法人 社団 沼南会

社会福祉法人 まり福祉会

サブセンター山南

初診受付 沼隈病院facebookページ 関節が痛い.com 沼隈病院公式動画

整形外科の主な疾患

スポーツや交通事故による外傷

 

打ち身や捻挫、骨折等について丁寧に診察・処置をし、必要な検査・治療を行います。創部に対しては清潔を保つことにより感染を予防し、湿潤治療により早期にきれいな治療をも目指します。

 

保存的治療が可能な外傷については、適切な応急処置(RICE等)や、ギプス等による外固定を第一選択として治療を行います。

・関節の中の骨折や、転位の大きい骨折等(上肢:指、手首、肘、肩、下肢:股・膝・足)の手術適応と判断される場合には適切な内固定材料を用いて手術を行っております。

 

・高齢者に多い脊髄圧迫骨折の入院加療と骨粗鬆症の治療を行っています。

 

・股関節周囲骨折等(大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折)に対しては早期手術、早期離床・在宅復帰を
目指し積極的な治療を行っております。

 

・手首の骨折(橈骨遠位端骨折)に対しては近年、プレートによる早期手術に
より、早期リハビリが可能となっております。当院でも患者様
と保存的治療か手術治療かを十分に相談した上で、治療方針を決めております。

 

・近隣には青少年の研修施設や競技場があるため、多くの靭帯損傷
等のスポーツ外傷の患者様が来院されます。必要に応じたレントゲン検査
やストレスレントゲン撮影、CT・高精度MRIによる詳細な検査を行い、必要に応じた修復手術や再建手術も行っております。

 

 


 

腰や関節の慢性的な痛み

 

当院では高精度MRIを備えており、しっかりと原因を突き止め、それに応じた適切な治療も心がけております。腰痛がある場合も、日常生活やお仕事を頑張られている患者様もお気軽にご来院ください。

 

・腰痛
日本人の最も多い愁訴とされています。原因にはいわゆる「ぎっくり腰」
や「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」等様々な病気があります。腰が痛いときにはお気軽にご相談ください。

 

・加齢に伴う膝・肩・股関節をはじめとする関節痛(関節症:軟骨がすり減っている状態)に対して、先ず
は保存的加療(リハビリテーション、ヒアルロン酸の関節内注射や痛み止めの内服等)を行います。

 

保存的加療を行っても症状が継続する場合:
・膝関節につきましては・・・
変形があまり進んでいない症例には、極小さな傷で内視鏡手術で関節内をきれいにします。
半月板というクッションが痛んでいる場合にはそれを床屋さんのように丁寧にトリミングして膝の痛み
が最小限に留める努力をします。

それでも疼痛がぶりかえし、О脚を認める場合や、比較的若い(65歳未満)の患者様には高位脛骨骨切り術
をお勧めしています。これは患者様の膝関節を温存しつつ、О脚を直し膝にかかる負担をとる手術です。

疼痛が強く、なおかつ変形が高度な場合には人工関節を選択します。当院では基本的には全身麻酔にて、
寝て起きたら終わっているように、術中に不安なく手術を終えていただきます。また術後の痛みが不安
な患者様もいらっしゃると思いますが、痛みを最小限にするため、術前の超音波ガイド下の神経ブロックを併用しております。術後の訓練はリハビリスタッフと密に連携し、充実したリハビリを心がけます。

※いずれの治療も患者様やご家族様に十分にご説明した上で行ってまいりますのでご安心ください。

 

肩関節につきましては・・・
※「五十肩」と思っていらっしゃる患者様の中には、肩の使いすぎによる炎症や、肩が硬くなってしまう
凍結肩、石灰(チョークのようなものです)沈着症、そして肩腱板断裂の患者様もいらっしゃいます。
肩はさまざまな動きができる大変繊細な関節です。原因を見極めて治療をすることが大切です。

 

・使いすぎの炎症や凍結肩: 肩関節周囲炎の患者様には肩の炎症を和らげる注射を行い、リハビリを行い
ます。

 

・石灰沈着(石灰性腱板炎): 疼痛が強いのが特徴ですが、超音波等で石灰を確認し、針での吸引や、
パンピングをして散らすことが治療の主体となります。どうしても石灰が残存したり、疼痛が残存する場合
は関節鏡による手術も考慮します。

 

・肩腱板断裂: 肩を安定化させて正常な動きをもたらしたり、肩を挙上したりするための筋肉の腱を腱板
といいます。それらが転んで手を突いたときや、重たいものを持ったときに剥がれることがあり、それを
腱板断裂といいます。ご高齢になると明らかな外傷がなくても除々に進行するものもあります。

小さな断裂のものはまず注射やリハビリで保存的な治療を試みますが、症状が長引く患者様や、中ぐらい
の断裂以上の患者様はその後の断裂の進行が予想されるため早期の手術をお勧めしております。
当院では全身麻酔にて眠っていただいている間に、ご不安なく、関節鏡を用いて手術を行っております。

 

7-8mm程度の小さな穴を5つほど作成し、それを利用して内視鏡を挿入し、断裂した腱を小さな金属と強い糸で強固に固定する手術を行います。関節鏡を利用することにより正確な腱板の縫合が可能となり、術後の肩関節のこわばりを防ぎ、早期のリハビリにより機能の獲得を目指します。

 

・変形性肩関節症: 軟骨が著明に磨り減っている変形性肩関節症の患者様には人工関節置換術等を行い、痛みをとることを考えます。

 

 

 

 


 

手足のしびれや、力が入りにくい

手足のしびれの原因には、脳から、あるいはそれよりも抹梢での神経の障害に分けられます。

・脳から・・・・当科受診にて診断されれば、
当院の脳外科にご相談させていただきます。

 

・脊髄から・・・手足のしびれや力が入りにくい場合には頸部~腰部での脊髄神経根の障害の可能性があります。

単純レントゲンによる脊椎の不安定性の確認や、必要に応じた高精度MRIによる正確な神経の障害部位の固定やその程度の確認を行います。まず内服や神経ブロック等による保存的な加療を行いますが、症状が長引く場合、あるいは麻痺が進行する場合、あるいはおしっこや便がふんばってもでないなどの症状がある場合には手術も考慮します。

連携している病院の専門の先生に来ていただき手術をしていただくことも可能です。
患者様の状態に応じて、ご相談の上、最善の方法を一緒に考えていきましょう。

 

・上肢、下肢末梢神経の通り道が狭いことによるしびれ

「手根管症候群」手首の手根管という手首の神経の通り道での神経の障害で人指し指と中指と薬指がしび
れます。まずは内服や注射で経過を見ますが、症状が進行性の場合には手術にて症状を取り除いたり、進行
を抑制します。当院では内視鏡を用いて約1cm弱の切開での手術も可能です。神経障害の程度によって治療
方針を考慮しますのでお気軽にご相談ください。

 

「肘部管症候群」の肘部管という肘の神経の通り道での神経障害で小指のしびれが生じます。
よく肘を使う仕事をされる患者様に多く診られます。まずは内服加療をしますが、しばしば進行性で
あるため手術を要することが多いです。お気軽にご相談ください。

 

 

「下肢のしびれ」下肢にも上肢と同じく、神経の通り道があり、そこでの神経の障害により様々な場所に
しびれを生じます。上肢に比べて手術を要することは少ないですが、注射等効果的な場合も多くあります。お気軽にご相談ください。

 


 

手指のこわばり、リウマチの疑い

多くの症状は「使い痛み」や「加齢による痛み」で片付けられることが多いですが、見逃してはならない病気として「関節リウマチ」を始めとする膠原病(免疫の病気)があります。

主に手指のこわばりや腫れがおきますが、肩・肘・股・膝・足といったより大きな関節にのみ症状が起きるものも近年多く報告されています。関節リウマチは治療が遅れると、寿命にも影響があることも報告されております。当院では、血液検査や各種画像診断と合わせて膠原病を見逃さないように注意して診療を行っております。内科とも連携しつつリウマチの治療(免疫抑制剤や生物学的製剤、リハビリ等)を行っております。

※また当院のみにて対応が困難な症例については、近隣の公的病院や岡山大学病院とも連携をとりながら治療いたします。症状の気になる方はいつでもお気軽にご相談ください。